時効援用の無料相談はしおり綜合法務事務所

時効援用の相談はプロへ

時効援用の基礎知識

借金には時効があります!

最後の借金返済から5年以上経っている方は、時効により返済義務が消滅しているかもしれません。

ただし、時効を成立させて借金をゼロにするには時効援用をする必要があります。

つまり、時効による利益を得るには、時効期間が過ぎれば自然に発生するものでは無く、相手方に消滅時効の援用(意思表示)をする必要があるのです。

時効は、当事者が援用しなければ、裁判所がこれによって裁判をすることができない。(民法第145条)


時効援用をすれば、借金はなくなります。

消滅時効を援用をすることで、時効の効力は遡及効に従い起算点に遡る(民法第144条)ため、返済義務は消滅します。これにより、借金を返す必要がなくなります。

時効 相談 メリット 借金の時効について相談する

時効の利益を得るためには、債権者側に消滅時効の援用をする旨を伝える必要があります。

債権者に対し、明確に主張することで、初めて時効の利益を得ることが可能となり、返済義務が消滅します。


時効の援用は、法律上、方式が決まっているわけではないため、直接、口頭で「時効の援用をします。」と主張するだけでも良いのですが、法的な効力を得るためには、確定日付が証明できる内容証明郵便で送付するのが一般的です。


ただし、時効援用をするには一定期間が経過して、消滅時効が成立している必要があります。

通常、債権は、10年間行使しない場合は消滅します(民法第167条)。そのため、家族や友人、知人など個人間での債権の場合は、10年で消滅時効が完成します。

しかし、消費者金融や銀行などからの融資の場合、商事債権(商法522条)であるため、消滅時効の成立期間は原則5年となります。

時効の援用は専門家に相談した方が良い!

自分だけでも時効の援用をする事は可能です
しかし、借金の時効期間というのは自分が覚えている期間通りでない事も多く、もしも知らないうちに相手から裁判を起こされていれば時効はリセットされており援用をする事はできなります。
そうなった場合は別の方法で借金の解決を考える必要がありますし、借金の時効は貸した相手に連絡をとってしまうと自分の借金を認めてしまい、返済の意思があると法的に見なされてしまい時効期間が振り出しになってしまいます。
そういった失敗にならない為にも借金の時効期間を調べる事が出来て時効期間でなかった場合でも債務整理等の解決方法を示してくれる専門家への依頼で時効援用手続きをする事オススメします。


また、時効完成前に、時効の放棄をすることは法律で禁止されているため、たとえ契約時の契約書に「時効の援用はしません。」という条文が入っていても、その内容は無効になります。


注意

借金が時効になっていたとしても、相手に裁判を起されていた場合は、借金の時効が無効になる可能性があります。

5年の時効期間が満了、または時効期間が数年経過していた状況でも、裁判を起されてしまうと時効期間が1から振り出しになり、時効の期間が10年になってしまいます。

関連項目:時効は中断されることがある!?借金の時効を成立させるカギとは?

あおぞら債権回収株式会社から督促が来た!そんな時の対策!

あおぞら債権回収株式会社という会社から督促が来た!
そんな時あおぞら債権回収株式会社ってなに?そんな会社と関わった覚えがない!
そんな人もまず落ち着いてください!もしも対応を間違ってしまえば訴えられて裁判になる可能性もあるし、そこから強制執行までなってしまう事もあります。

債権回収株式会社って?

あおぞら債権回収株式会社とありますが、債権回収ってなに?と思うでしょう
債権回収会社は、サービサーとも呼ばれており貸金業者が回収に手間がかかると思った借金の権利を買い取り、貸金業者に代わって借金の取り立てを行なう事を専門とした会社です。
サービサーは国から認められた正式な会社なので、もしも本物のあおぞら債権回収から連絡が来たならば、法的に有効な請求でしょう。
対応をしっかりとしなければ思わぬ損に繋がる事になります。

一体なんで督促が来てるの?

上記で説明している通りサービサーは代わりに借金を取り立てることが専門の会社です。
おそらく、なにかの利用料金か債権が発生している可能性が高いでしょう。
そのため、あおぞら債権回収会社自体にまったく聞き覚えがないとしても正等な取立てである事は十分にあります。
請求に対してしっかり対応することが必要でしょう。

督促を放置しない!

よくわからないからとりあえず放置や踏み倒そうなどと考えてはいけません!
相手は借金の取り立てに特化したプロであり、あなたは「お客様」ではなくお金を払っていない「債務者」です。
相手は裁判を使って自分達が取り立てるべきお金を回収することも辞さないでしょう。
すこし待ってもらおうとか思ってとりあえず連絡をするというのもあまりオススメしません。
相手としてはあなたの言い分を聞き入れるメリットもないので、上手くいく可能性は低いでしょう。

専門家の力を借りるべき!

相手は法律に通じているプロなので、個人で対応するというのはかなり難しいものがあります。
裁判になり和解とならなければ、財産が差し押さえられる場合がほとんどです。
そうならない為にもまず自分でも可能な範囲での返済方法にする為にもあなたの財産を守る為にもしっかりと相手と交渉ができる法律のプロの手をかりましょう!

借金にも時効がある

督促が来た時にチェックした方がよい事あります。
それは借金の時効です!
借金にも時効期間があり、その時効期間が過ぎている借金は返す必要がないのです!
借金が時効になっている場合でもサービサーは督促を出し、取り立ててくるケースはよくあります。
そしてここでとりあえずでサービサーに対して連絡を返してしまうと、債務の承認と言って滞納をしている借金の存在を認めて借金を返済の意思があるとみなされます。
債務の承認が行われると時効の権利がなくなってしまい、もし時効が完成していたとしても借金が0にする事が出来なくなり損をしてしまう可能性があります。
もし、時効が完成していなかったとしても、長期間滞納していた借金ならばチェックしておいた方がよいでしょう
まず借金の督促には借金の時効をチェックしましょう
また、時効が完成していたら借金がその場で0になるというわけではなく、完成した時効の権利を行使する為には、相手の業者に時効の援用という手続きを行なう事が必要です。

日本債権回収株式会社から督促が来たときの対応

日本債権回収株式会社という会社から借金の督促状が来た。
日本債権回収株式会社なんて会社から借りた覚えもないのでこれは詐欺?放置しても大丈夫?
ちょっと待ってください!
実は自分が借りた覚えのない会社からでも督促は来るんです!

続きを読む