プロミスの借金の解決法 時効援用 

借金の時効について

プロミスで借金をした事があり、引越しなどで住居が変わって放置していたらプロミスから督促ハガキが来た!
そういった方もよくいます。

すぐにプロミスに連絡をしなきゃと思っている方は少し待ってください!

プロミスに問い合わせをする事により、借金の時効が完成していたのに時効がリセットされる可能性があります。

借金の時効は5年です!

ただし時効は貸主(消費者金融やサービサーなど)と連絡をとってしまうと中断してしまいます。ですから時効の可能性があるのなら、プロミスから連絡が来てもすぐに返事をする前に時効援用のプロに相談することをおすすめします。

アヴァンス行政書士法人なら時効に関する相談は無料です。

※最終支払いから5年未満であったり、裁判をおこされている場合は時効が成立していませんので、相談されても借金は0になりません。

借金の時効って?

借金にも時効という物が存在します。

クレジットカードやローンの時効は最後の返済日から5年が期限になっています。

もしも最後に返済してから5年経過しているなら借金が時効になっている可能性があります。

借金の時効が完成していても何もしないままでは借金は無くなりません!

いくら借金の時効が完成していたとしてもそれだけで借金が0になるわけではありません。

時効の援用という「この借金は時効です。私はこの借金はもう払いません」という意思表示を貸主に伝えることによって初めて借金はなくなります。

時効の援用は法的には、口で伝えるのみでも効力があるといわれていますが、実際には形に残る方法で残しておいたほうがよいでしょう。 一般的には内容証明で送るというのが基本になっているようです。

借金の時効が成立しない可能性も!?

借金の時効が完成したと思っていても時効がリセットされていて借金の時効援用ができない場合があります。

借金の時効がリセットされてしまう理由として債務の承認というものがあります。

プロミスから借金の督促ハガキが来た時にすぐ連絡をして借金を確認した場合、自分に借金がある事を認め、それを返す意思があると見なされてしまい、もし借金の時効が完成していてもリセットされてしまいます。

プロミスから借金の督促が来てもまず時効を確認しましょうというのはその為です。

もう一つは支払督促の申立が主な原因でしょう。

プロミス(貸し手)が「借金を返してくれないので、裁判所から支払いをするようにはたらきかけてください」という物です。

支払督促申立書という物がプロミスが裁判所に申し立てをすれば郵便で送られてきます。

勤務先に送ってはいけないという法律があるので、もし届くなら自宅に送られます。

もし支払督促申立書が届いていてもこれを無視するとのプロミス側の主張通りになり、時効の中断が行なわれるので、借金の時効は振り出しに戻ってしまいます。

支払督促申立書が届いた時は一緒に「異議申立て書」という物が送られてきますので、一括の支払いは無理ということであれば、この申立書を使って異議申立てをします。

これでプロミスからの支払督促申立が取り下げられた場合は、「時効の中断事由にはあたらない」と判断され、時効の中断は行なわれません。

もし借金が時効じゃなかった場合は?

プロミスの借金が時効かどうかを相談して調べてもらったが、時効ではなかったそういった人はよく見かけます。 そんな人は仕方ありませんが、任意整理や自己破産といった債務整理で借金を整理するという方法を考えた方がよいでしょう。
アヴァンス法務事務所なら債務整理に関する相談を受け付けています。
任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

SNSでもご購読できます。