時効完成後の借金返済問題

時効完成後に借金返済したけど返還して貰える?

借金 時効

 

昔に借金をしていて、その借金の時効が完成していたが知らずに返済してしまった。

時効は完成していたのだから申し立てれば返済した額を返還してもらえないか?という質問をしている方をよく見かけます。

判例ではどうなっているの?

この質問は借金の時効の話になると度々出てくる問題ですが、民法の意思主義に関連して判例も時代とともに変化しています。

もし返済を行う前に時効の完成を知っていれば借金の返済を行わなかった、という言い分はよく分かります。

しかし現在の最高裁判所の判例では、時効完成を知らずに借金の弁済を行ったとしても、その弁済は時効利益の放棄とみなされており、弁済した金額は返還されないという可能性が非常に高いでしょう。

消滅時効に関する相談無料ができるおすすめ事務所は?

アヴァンス行政書士法人

時効援用に豊富な実績を持つ行政書士が対応してくれます。

全国どこからの相談でも対応可能です。

またどこで借りたか忘れてしまった場合でも調べてもらう事もできます。

昔借金をしたらなら時効かも?

銀行、消費者金融などの債権は、商事債権のため消滅時効の成立までは5年です。

これは、銀行、消費者金融などが営利を目的としているため商人に該当するからです。

もし昔の借金があった場合は、自分の判断で動くより、一度時効援用に詳しい専門家に相談してその借金が時効かどうか確かめておくと良いです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>