時効援用とは

LINEで送る
Pocket

民法第145条(時効の援用)の条文


民法第145条(時効援用)

時効は、当事者が援用しなければ、裁判所がこれによって裁判することが出来ない。


時効援用とは

時効援用とは、時効の権利を受けるものが消滅時効を利用して、債権者に対して権利を行使することを通知する行為を言います。

つまり、時効期間が来たからといって、自然に債務が消滅するわけではないのです。


この時効援用をすれば、元金や利息、遅延損害金(延滞料)といった借金の総額に関わらず、一律支払い義務が無くなります。


援用とは

法律用語で使用される援用とは、自己の利益のためにある事実を提示し主張することを言います。

債権者に対して、時効を援用する際の具体的な方法としては、時効援用通知書を、配達証明付きの内容証明郵便で郵送するという方法が一般的です。


援用通知書には、債務を特定できる情報(お客様番号、契約番号や契約年月日など)を記載し、その債務に関して消滅時効の援用を行う旨を明記します。