アビリオ債権回収株式会社の督促状が来た時は

LINEで送る
Pocket

借金の時効は5年です!

ただし時効は貸主(消費者金融やサービサーなど)と連絡をとってしまうと中断してしまいます。ですから時効の可能性があるのなら、アビリオ債権回収株式会社から連絡が来ても返事をする前に専門家に相談することをおすすめします。

アヴァンス行政司法書士なら時効に関する相談は無料です。
借金 時効

アビリオ債権回収株式会社というサービサーからハガキが来たという相談をされる方は多くいるようです。

督促状のような物ではなく、金額や利息について書かれておらず、ただ電話をしてくださいという内容だけでコレはどのように物なのか気になって専門家に相談する方もよくいらっしゃるようです。

サービサーってなに?

サービサーとは、法務大臣から認可を受けてサラ金業者の代わりに債権を回収する民間の株式会社です。 債権回収会社のアビリオから連絡が来るという事は

・サラ金業者から債権回収を委託された

・債権自体がアビリオ債権回収株式会社に譲渡された

このどちらかでしょう

じゃあ すぐに連絡を返すべき?

サービサーに連絡をする前にちょっと待ってください

アビリオ債権回収株式会社は、借金を滞納している人から債権を回収して回っていますが、きっちり一件一件期限内にすべて処理できているわけではありません。サービサーも会社なので、回収に割ける人員には限界があり、まず金額の大きい債務者から債権回収を行います。

その為、10万単位の小額の借金は後回しになり、時効になっているという事が非常に多くあります。

アビリオ債権回収株式会社は借金が時効になっている人間には、まず「○○からの借金についてお知らせがあるので、電話してください」というハガキを出します。

時効には完成した場合でも債務者が返済の意思があれば、時効の中断になってしまい、時効期間が振り出しになるという法律があります。

ハガキを見て電話をしてきた相手に、「100円単位で良いから払ってください」と伝えて少しでも返済をさせようとします。 もしここでお金を返済した場合は、お金を返したという事は返済する気があると見なされ、時効は振り出しになってしまい、もし時効が完成していても借金を払わなければいけなくなってしまいます

時効かどうか調べるにはどうすればいいの?

消滅時効に関する相談を無料で受け付けている専門家がいるので、そういった事務所に相談するのが確実です。 もしアビリオ債権回収株式会社からの借金が時効だった場合は、時効の援用の手続きをそのまま依頼すればスムーズに解決できます。

時効の相談無料の事務所はコチラ

アヴァンス行政書士法人

消滅時効の援用に豊富な実績を持つ大手事務所

全国どこからの相談でも対応可能です。

どこで借りたか忘れてしまった場合でも相談OKです。

アヴァンス行政書士法人に相談するなら

 

時効の援用をしたら通知が来た

アビリオ債権回収株式会社に時効の援用を行った後にアビリオからこのような通知が送られてきたというケースがあるようです。

ご通知

下記記載の契約に基づく債権の時効援用の意思表示について、確かにお受けしたことをご通知します。

原債権者 ◯◯◯◯債権回収株式会社

契約者 債務者名 保証人 なし

契約年月日 平成18年9月12日

契約内容 携帯電話会社系列のクレジットカード利用代金

債権譲渡日 平成22年5月21日

債権譲受人 ◯◯◯◯債権回収株式会社

管理番号 〇〇〇〇〇〇

時効の援用は成功?失敗?

この文面を見るとアビリオへの時効の援用が成功したか失敗したか心配になる人は多いようです。 債権の時効という物は消滅時効が完成しているだけでは無効になるものではなく、時効の援用をする事で初めて効果があるものです。

この文章には、あなたが債権の時効を援用行ったというのを確認しましたという内容が記載されているので、時効の援用は成功しています。

借金の時効になっていなかった場合

借金の時効が完成したと思っていたが、裁判を起こされていて時効の期間が10年に伸びてしまった。
5年経って時効かなと思って相談してみたが、時効期間には達しておらず時効の援用が出来なかった。
そんなケースもよくあります。
そういった場合は、任意整理や自己破産といった債務整理で借金を整理するという方法を考えた方がよいでしょう。

アヴァンス法務事務所なら債務整理に関する相談を受け付けています。
任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>