アイフルの借金を時効援用するなら

LINEで送る
Pocket

アイフルはサラ金業者の中でもかなり知名度の高いので、アイフルでお金を借りた事のある方も多いのではないでしょうか?

では実際アイフルで借金をした人はどのような取り立て受けるのか、借金の時効援用というのは可能か?という点は気になる所でしょう。
当然、時効の要件に当てはまる場合はブラックと呼ばれる状態になります。

ではブラックとはどのような状態の事を指すのでしょう。

返済期日から3ヶ月以上の延滞をした場合は、異動情報として信用情報機関に登録されます
この異動情報がある状態では、どのようなデメリットがあるでしょうか。

信用情報機関に異動情報が登録されるとカードローンやキャッシングの契約は勿論、
クレジットカードの作成や賃貸契約などお金を借りる際に審査が通りにくくなるので、住宅ローンを考えている方は注意が必要です。

自分の借金が時効かどうか知る為には、信用情報開示請求を行いましょう

信用情報の開示請求を行ってくれる専門家もいるので、手続きに手間のかからない専門家に依頼してください

オススメの事務所はコチラ

233_16-257x214

案件に応じて豊富な実績を持つ行政書士が対応

全国どこからの相談でも対応可能

どこで借りたか分からない場合は調べる事もできます

アヴァンス行政書士法人に相談する

 取立ての手段ですが、最初に返済日を過ぎて返済しなかった場合は、女性の社員から返済のお願いが来るようです。
電話に出なかった場合は、折り返し連絡してほしいという旨のメッセージを残して終わりというのが普通のようです。

この時点では、ブラックとして登録される事はありません。

さらに一定期間延滞すると債権回収会社、通称サービサーと呼ばれる借金の取立ての専門家が取り立てを行うようになります。

サラ金業者は、大抵債権回収会社に任せるので、覚えのない債権回収会社から督促状が来て慌てて電話をかけてしまうケースも多いようです。
しかしその電話すこし待ってください!

消滅時効は債務者に返済する意思が見られる場合は、借金を返済できると判断されて中断されて時効期間が振り出しに戻ります。
せっかく完成していた時効もこれによってリセットされてしまったというケースもあるので、債権回収会社から督促状が来た場合はまず、時効の案件に長けた専門家に相談して「この借金は時効が完成しているのか?」と相談してみてください

消滅時効の援用をすれば、督促状が届くことはなくなります。
もちろん返済義務は消滅するので借金はなくなります。



消滅時効援用のことならエストリーガルオフィス

Twiter

自動相互リンク

 


ランキングクリックはコチラから

TOPへ戻る