アコムからの借金の時効

LINEで送る
Pocket

借金の時効は5年です!

ただし時効は貸主(消費者金融やサービサーなど)と連絡をとってしまうと中断してしまいます。ですから時効の可能性があるのなら、アコムから連絡が来ても返事をする前に専門家に相談することをおすすめします。

アヴァンス行政書士法人なら時効に関する相談は無料です。

アコムから借金の督促状が来た

アコムから借金の督促状が送られてきて「借金を期限内に支払わなければ期限の利益を喪失し、残債務を一括支払いしなければ法的措置をとる」というそういった内容が記されていて返済するお金がないと困っている方もよく見かけます。

アコムから督促状を受け取って「給与の差し押さえ」などという言葉が書いてあると慌ててしまうでしょうが落ち着いて下さい。

まず借金の時効を確認!!

差し押さえられると焦ってお金がないのに、無理に他のサラ金で借りて返そうなんて以ての外です。

まず借金がどういう状態なのかを把握するのが一番大事です。もしかしたら借金が時効になっているという可能性もあります。

もちろん借金が時効になっていない場合はありますが、もし時効が完成していたのに時効の中断にあたる行動をしてしまった場合は、あなたが損をしてしまいます。

まずアコムに限らず消費者金融から督促状が来た時は、借金をいつ借りて最後に返済をしてどのくらい経ったかを把握して借金の時効が可能なのかを確認しましょう もしアコムに連絡してしまった場合は、借金があるという事を認めたと見なされ、時効が中断されてしまう可能性があり、借金の時効が無効になってしまいます。

最後の借金返済から5年以上経っているならば時効により返済義務が消滅しているかもしれません

時効が完成していない場合(例:最後に返済してから5年未満だった場合)は、相談をしても借金はなくなりません。

借金の時効の中断

自分では5年経っていると思っても借金の時効が完成していないという事はあります。

大抵は時効の中断が行われているからでしょう 。

アコム側も連絡がつかないから借金の時効まで放置というわけではありません。

大きな金額になれば何かしらの手段をとっている可能性は十分にあるでしょう。

時効の中断の為にアコムが行うと思われる手段は以下の通りです。

請求

督促ハガキではない封筒が届いた見てみると支払督促申立書と書かれている!

それはアコムが支払督促の申立を行っています。

どういった物かと言うと「支払いがされないので、裁判所からも支払いをするように催促してほしい」という物です。

支払督促申立書は、アコムが裁判所に申し立てをすれば郵便で送られてきます。 勤務先に送ってはいけないという法律があるので、もし届くなら自宅に送られます。

もしこれを無視してしまうとアコムの主張通りになるので、時効の中断となり借金の時効は振り出しに戻ります。

支払督促申立書が届いた時は一緒に「異議申立て書」という物が送られてきます。

一括の支払いは無理ということであれば、この申立書を使って異議申立てをします。

これでアコムからの申立が取り下げられた場合は、「時効の中断事由にはあたらない」と判断され、時効の中断は行なわれません。

借金の時効は援用しなければいけません!

もちろん時効の利益を得るためには、サラ金業者に消滅時効の援用をする旨を伝える必要があります

もし5年以内ならば、借金の軽減方法として債務整理という方法もあります

専門家に依頼してサラ金業者と協議して借金を減らせる可能性もあるので、時効が無理だった場合でも考える価値はあります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>